プロフィール



ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

初めまして、はつこです。
4人家族(夫+7歳娘+5歳娘)東京23区内で暮らしています。

今はワーママとして毎日働いています。
めんどくさがり屋なので、家事はほぼ全部苦手です。
(でも家族には厳しく言ってしまったりします・・・)

旦那は、結婚してから転職5回+アルコール大好きなので、
なかなか私に心の安定を与えてくれない人です(諦め)。

妊娠・出産



30代で一度稽留流産をして、子供は2人高齢出産しています。

1人目は分娩停止から帝王切開、2人目は計画的帝王切開で出産しました。

分娩停止って、江戸時代なら母子ともに死亡してますよね(笑)。
現代に生きてて、よかった。
「お産が命がけって、本当なんだな。」って実感しました。

出産後も母乳が出ず完全ミルクで育てました。

稽留流産?分娩停止?母乳出ない?
「私の知ってるお産と違うんですけどーー??」
と最初から、かなり予定外の連続でした。
(母乳がでると思って、出産前に哺乳瓶を1本も用意していませんでした!)

でも、それぞれに【そういうお産・育児もある】と思えて
落ち込まないで済んだのは、周りの力でした。

高齢出産なので、同級生がみんな先輩、ベテランママなので
「あ~そんなのよくアル、生きてんだからいいでしょ、うちは登校拒否で・・・」
と(笑)。

とりあってもくれなかったので、今考えてもその程度の事だったんです。

深く悩まなくて本当によかった、と思ってます。

おしゃぶり

おしゃぶりはいつまで?歯並びは影響無しでした。

赤ちゃんの指しゃぶりはいつまで?成果ありの安全やめさせアイテムは?


このブログも、私が経験した事、悩んだ事、心配だった事を書いています。

ミルク問題だけではなく、もし今、出産・育児で悩んでいる方がいたら
よかったらメッセージをください。

「〇〇はどうやって解決しましたか?」とかでも構いません。

私では解決できないかもしれませんが、悩んでいたら話だけでも聞かせてください!


毎日ミルクでしたが、子供は超元気です。
ケンカ、ママ取り合い、抱っこして合戦、
寝かしつけの時も、私の身体の上で暴れまわるような姉妹に育ってます。

babys

子供の一人寝は何歳から?兄弟の場合は?



仕事について


育休は2回経験し、
一人目は0歳の4月で復帰、二人目は1歳の4月で復帰しました。
2パターンの復帰をしたので(笑)、いろいろ気づきもありました。

育休終了日はいつか?0歳か1歳か迷ったら考える。保育園入りやすさは?お金の違いは?

育休終了日はいつか?0歳か1歳か迷ったら考える。保育園入りやすさは?お金の違いは?

二人目育休明けは時短勤務しないフルタイムにした理由

私が二人目育休明けは時短勤務しないフルタイムにした理由


会社は建材メーカーで、今年で20年目になります。
子供は延長保育時間まで預けて、フルタイムで広報系の仕事を担当してます。
PRだけではなく、資料の整理、力仕事、雑用まで、幅広くこなしてます。

いじわるな上司や配慮のない同僚も昔はいましたが、
20年も勤めるとなかなか居心地よい職場になっていると感じています。


個人のタスクは多く、仕事は厳しいですが、人間関係は良好で、ぬるま湯のような会社です。

でも、しばらくしたら会社は一旦卒業したいと思っています。

時期は未定ですが(笑)。

退職しても保育園を退園しない方法

退職しても保育園を退園しない5つの方法


理由はいろいろありますが、
フレックス、時間休、在宅勤務など働き方に選択肢、自由度がない会社は、
少し働きにくく感じています。

「子供いて、仕事あるだけありがたいと思え!」と言われるとその通りですが、
ワーママだからこそ、時間がないからこそ、拘束時間や過程よりも【結果】が大事だと思っています。

この働き方は、恐らく私だけじゃない、ワーママだけじゃない、
今、多くの人が考える事だと思います。


その過程も、できればブログにしていきたいと思っています。


このブログについて



ワーママとして5年間働いてますが、復帰したてのころは毎日が本当に忙しくて、
「やっと1日終わった!」と思った瞬間に「もう朝が来た!」という毎日でした(笑)。

今考えると、もっと手も抜けたし、お金払って便利なものに頼ってもよかったな、
と少し後悔しています。

そんな苦労した自分のようなママの手助けができればと、このブログをはじめました。

「こんな私でもできた、ワーママが幸せに生き抜くノウハウ!」

こんな感じでしょうか(笑)?


本当に目の回るような忙しい時期、
子供が熱が出て保育園から呼び出し、早退しなきゃならず辛い日もありました。

でも、子供が5歳になると、熱もほとんどでなくなり、終わってみれば辛かったのは数年でした。
(その数年が一生のようで、その当時は辛かったです)


子供により、ママにより、環境により、子育ては十人十色です。

このブログが何か1つでもママの気づきなればいいな、と思ってます。

毎日、ほんとお疲れ様です。


HATSUKO 

ワーママ リュック モレスキン

モレスキンリュックは女性ビジネスバッグとしてもおススメ<実際の写真でレビュー>

アテニアクレンジング

【アテニア】クレンジングオイルの使い方ポイント、ダブル洗顔ほんとに不要でした

食べ物

オイシックスお試し1,980円(送料込み)は超お得だった!実際に申し込んでみたお試しセット体験談