40代仕事用おしゃれな洋服探しに疲れた私、洋服レンタル使用は時短だけじゃない3得でした

40代おしゃれな仕事着を探すのに疲れた私が使った洋服レンタル(エアークロゼット)。 気分上がる・時間確保・洋服断捨離できるの三重丸

会議や外出があって、通勤には少し綺麗、おしゃれな服が必要です。

でも探して試着する時間は無いし、店舗やネットで急いで購入するとやっぱり失敗→後悔→着ないになってました。

これを繰り返していた私が思い切って洋服をレンタルするようになり、時間節約以上の効果がありました。
忙しく働くママにぜひ検討してもらいたいです。

ポイントは
着れる服を沢山ではなく、着たい服を少しだけのクローゼットになったことでした。

洋服レンタルは私みたいな人におススメ

*仕事やプライベートで洋服が必要
*でも洋服探す時間無い!
*洋服のセンスが無い!
*40代向けブランド?わからない!


初回はお試しで大幅割引あります。1回だけでも試してほしいサービスです。



今だけ、初回は大幅割引で1ヶ月2,970円(3着レンタル)で契約できます。
1カ月でやめても勧誘はありませんので、気軽に試してください。

洋服レンタルのエアークローゼット公式ページ

私の紹介キャンペーンコード(4TEsw)入力で初回会費は5,000円割引きになります。
(私はアマゾンギフト券が貰えるらしいです)使わなくても4100円引きですので、
気になる方は使わず、そのままご契約ください。


私が気づいた3つの利点。こんな悩みが解消しました

*心の余裕が生まれた 
洋服が沢山あるのに着たい服がない、ダメな私・・・。
→10枚以上の洋服断捨離に成功して、クローゼットがきれい。洋服が詰まってないクローゼットを見るのが幸せ心にかなり余裕ができた

*毎日の気分が上がる

→自信がある服、毎月新しい服で仕事のモチベーションがアップ
レンタルの洋服は土日でもきれいめカジュアルで着れて気分アップ

*家事・育児・仕事だけの毎日で時間余裕ゼロだった

 →洋服選びの時間を別に使う

洋服


私が洋服レンタルを「やりたくなかった理由」→間違いだった

お金もったいない!レンタルだけで毎月5,000円~1万円払うなんて!


毎月洋服にかけるお金はいくらですか?
コートなど大物、下着を抜かせば、私は毎月1万円以下でした。

だからレンタルに7千円以上は高く感じました。

では毎月の数千円購入したその洋服着た自分で気分上がりますか?
次の年も着て気分上がりますか?

お恥ずかしいですが、私はノー!でした。

買ったときはあんなに気分が上がったのに、
家に帰って着ると「なんか少し・・」と首をかしげてしまいます。
すごくいい!と思った服も、どうしてか分かりません。
次の年にはまた「着るものがない」になります。



これまでの経験で、高い服を買っていても私は無理でした。

センスが無い、に加えて洋服の流行の変化が速すぎるのもあると思います。
これは私みたいな素人にはどうしようもないです。

たまにはあります、値段に関係なく長く着れる
この着れる服、という表現が怪しいです。

着たいではなく、着れる服。

着ていて着心地がいい服、というのはありますが、
いつも気分が上がるような、長く着たいは、私のセンスでは無理だと思ってます。


洋服のレンタルは毎月1万円以下でトップス2枚+パンツ1枚の3枚です。
(またはトップス1枚+パンツ1枚+ワンピース1枚など)

1枚当たり毎月約3,000円で新しく気分が上がる服と出会えるのは、コスパいいサービスと言えます

洋服レンタルのエアークローゼット公式ページ



洋服の到着・返却の手間、段ボールを捨てるが大変


最近はネットでの買い物が多くて、段ボールがたまり嫌になります。

洋服レンタルはビニールに入って宅急便で届きます。
入った袋は普通ゴミで捨てます。

同封されてくるのが
 ・返却用ビニール袋
 ・宅急便着払い伝票(伝票がない場合はアプリやQRコードでかんたん発送)
ですので、これに入れて返すだけです。

自分で返送用になにかビニールなど資材を用意する必要はありません。

発送はコンビニから出荷できます。
朝、カバンにギュッと詰めて会社の通勤時や昼休みに送ることができます。


「PUDO(プドー)ステーション」から無人で返送できる


時間がないときは、コンビニで並んだり、店員さんとのやり取りの時間も勿体ないと思います。

そんな時は「PUDOステーション」からも返送することができます。

コインロッカーのような「PUDOステーション」を見たことはありますか?
駐車場、コンビニの中、駅などに設置されてます。
宅配便を出荷したり、引き取るためのロッカーです。

PUDO(プドー)ステーションとは?

Packcity Japan(パックシティジャパン)という会社が運営している宅配便を出荷、受け取ることができる、Pick Up(集荷)とDrop Off(出荷)の頭文字をとったサービスです。

Packcity Japan(パックシティジャパン)はPUDO(プドー)ステーションを通じて、 「誰でも」「いつでも」「どのようなお荷物でも」「いつもの駅や立ち寄る場所で」 受け取ることが出来るオープン型宅配便ロッカーネットワークを構築していきます。

PUDO(プドー)ステーションは、誰でも利用できる、どの宅配会社でもサービスを展開できる宅配便ロッカーです。多様化するライフスタイルに対応し、お客様にさらなる利便性と快適さを提供し、社会的な諸課題の解消に寄与します。

オープン型宅配便ロッカーネットワーク | パックシティジャパン (packcity.co.jp)

PUDOを使用すれば、もっと簡単に返却可能です。
スマホを使って操作するだけで、利用料もかかりません。


会社や自宅の近く、帰り道でPUDO探すことができます。
PUDOステーション所在地 | パックシティジャパン (packcity.co.jp)


洋服なんて借りなくても会社の帰りに購入できる!


土日、子供を連れて、旦那さんとゆっくり買い物に行く方もいると思います。
うちは車もないし、旦那は買い物が苦手なので一緒に行くことはありません。

私は洋服は仕事帰りに見て購入してました。
忙しいけど、何回に分けて見て迷って、試着して、と購入は可能です。

(もちろん家に帰って失敗した・・はあります。)

でもその少しの時間、洋服選ぶ必要がなければ、別の使い方ができます

本を読む、コンビニでコーヒーを飲む、夕飯の買い物をする、スマホでSNSを見る、に使えます。

週に2日x20分間、駅ビルブラブラするとしたら、
週に40分、月に200分(3時間以上)節約できます。

なかなか魅力的な時間に見えます。

私が気づいた、予想外の素晴らしかったこと


部屋がきれいになりました。


クローゼット、引き出しの洋服が半分以下になりました。
買わないし、洋服を返却すれば手元に残らないって、本当に素晴らしいです。

Tシャツ、家でくつろぐ服は減りませんが、仕事に着ていく服は10枚以上捨てました。

週末に着る服も減りました。
オフィスカジュアルを頼むので、週末にも使える服が多いのも魅力です。



毎日クローゼットを見て「ああ、今日も着ていく服がない。これでいいか・・」という嫌な感情がなくなりました。

届いた服のうち、「これは返したくない!」というお気に入りが見つかれば、購入できるシステムです。
返却した後からでも購入できます。

「1ヶ月着てみて、本当によかった服だけを特別として手元に残す。」
とても尊いことだと思います。

まとめ

手帳とペン


洋服レンタルは、高く感じます。
レンタルだけで洋服が残らないのに、毎月数千円を払います。

実は洋服が手元に残らない魅力、って気づけないものです。

人間って無意識で物欲・支配欲があって「物を持っていたい」。
「(気分が上がらなくても、使わないものでも)持っていたい」。

これが家のクローゼットを圧迫する、着ない服の正体で、毎日のストレスです。


着れる服を沢山ではなく、着たい服を少しだけのクローゼットにしませんか。


今だけ、初回は大幅4,100円割引、1ヶ月2,970円(3着レンタル)で契約できます。
1カ月でやめても勧誘はありませんので、気軽に試してください。

洋服レンタルのエアークローゼット公式ページ



HATSUKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

はつこ
東京23区内で親子4人暮らしているワーママです。仕事復帰してから数年は記憶がないほど毎日へとへとでした。ワーママも8年目、「ママ、ワーママに向けて役立つ情報を発信したい!」と思ってブログをはじめました。 今は、在宅でできるフリーランスなどの仕事を模索中です。